スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田秀樹と暗記数学

和田秀樹と聞くと、すぐに思い出されるのが「暗記数学」という書籍だ。
様々な批判はあるだろうが、実際にこの暗記数学に助けられた受験生は少なくないはずだ。

「暗記数学」は、高校数学の参考書チャートを基にして書かれているが
個人的には、中学の数学の学習から身に付けておくとすんなり高校数学に移行できると考えている。
>>Ranking

というのは、中学数学こそ、覚えるパターンは少なく、「暗記数学」は非常に有効であるし、高得点をたたき出し数学を「好き」と考えられる子供たちが増えてくるのは、コチラも嬉しいことだ。

数学は良く考えて、という悪い意味での誤解をしている保護者の方も多いようだが、

残念ながら考えてもできないことの方が多い。。。

例えは悪いかもしれないが、かなづち・のこぎり・かんなの使い方を知らない者が家を建てられるはずもない。
つまり、きちんとした数学の基本的なパターンを自分の中に叩き込んでこそ、応用が利くというものだ。

計算が基本であるということは言うまでもないことだが、計算だけが基本で文章題は全て応用問題などと考えているととんでもないことになる。
中学の最初に出てくる「文字と式」あたりが、最初のつまづきになるのではないだろうか。
>>Ranking

例えば、十の位がX、1の位がyである、2桁の数をx、yを用いて表せ。
という問題を、xyと書く子供たちが多い。
10x+yといっても何のことか理解に苦しむ子供さえいる。

説明して理解できる子供なら良いが、どうも理解に苦しむ子供もいないではない。
そんな時には、まず、答えを覚えて何度か練習させると、いつの間にかその仕組みが分かり、
それがやがて3桁の数も100x+10y+z とできることになる。

理解が先が、できることが先かではあるが、子供たちのモチベーションを下げないためには、私はできることを優先したい。

英語も同様であり、フォニックスを覚えてから単語のつづりを覚えるに越したことはないが、フォニックスを知らなくともローマ字がきちんと書けるレベルであれば、フォニックスは後からでも何とかなる。
とにかく単語の数を増やした方が、勝ち! という理解よりもまず覚えることが大事ということを経験された方も多いと思う。

分かることを繰り返し、できることに格上げすること。
このことを繰り返さないで、分かること=できることと勘違いしている生徒が多いのが実状だと思う。
>>Ranking

初期の基本パターンは、考えなくとも答えが出せる、やり方がすぐに言えることが大事だ。

掛け算九九をいちいち考えながら唱える子供などいないではないか。
>>Ranking

教育ローンの選び方

教育費のローンを組むなら、子育て教育費専用のローンが断然有利です。親が子供の教育資金のために受ける融資が教育ローンであり、学生自身が契約を行い返済責任が発生するものとしては奨学資金制度があります。

また、奨学資金制度を利用した場合の融資額はさほど高くなく、返済には制約があります。財政的な事情や当人の将来ビジョン次第では、奨学金を利用する方が何かと都合がいいこともあります。奨学資金制度は、条件次第でとても便利に使える教育資金です。

銀行や日本政策金融公庫などの各金融機関は、それぞれ独自の教育ローンを扱っています。教育ローンの審査は、申し込み後に月々の収入や返済能力はどのくらいかを入念に調べます。借りたお金には金利がつきますから、その点を忘れてはいけません。

借入金額、金利、返済期間だけでなく、教育ローンの諸費用も考慮に入れましょう。ローン手数料、保証料、印紙代、抵当権設定費なども含めて検討して、どの教育ローンが良いか慎重に選択するようにしましょう。

キャンペーン中の融資申し込みは管理や手数料をサービスする教育ローンや、就職するまでは利息分返済で済む教育ローンなど、色々な教育ローンが存在します。老後資金の蓄えや、子供が成人するまでに必要となる費用の確保も合わせて考え、各ライフステージに合う教育ローンを検討する必要があるのではないでしょうか。

受験だけが勉強じゃないけど大学受験は合格しなきゃ

プロフィール

Author:メタボ花ちゃん
メタボな花ちゃん50代。お腹も気になりますが、受験間近な子供たちのことも。胴回りの減った分が子供たちの知識に変わることを願って!

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。